このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

『疲れすぎて眠れぬ夜のために』 内田樹

【概要】

思想家の内田センセイが身体論の観点から「働くこと」などを語ったもの。

内田氏の人生観、ものの見方がじわじわと伝わってきます。


Hard Work / Mad Wraith




【ポイント】

◆1、引越し好きな内田センセイの生き様

所有しないのが好きなんです。

こういうことを言うと、悟り澄ました人間みたいですが、でも、物欲を満たそうと思っていると、もう切りがないでしょう。ひたすら不充足感が募ってゆくばかりで。これ、つらいです。
 
欲望の充足ラインを低めに設定しておけば、すぐに「ああ、なんという幸せ」という気分になれるでしょう。「小さくはあるが確固とした幸せ」(@村上春樹)を一つ一つ積み重ねてゆくこと、それが結局「幸せ」になるための最良の道だと思います。



◆2、我慢しない
精神的にも体力的にも、使える資源には限界というものがあります。目標を適度に設定し、資源を分配する先に優先順位をつけないと、人間は壊れます。人間て、わりと簡単に壊れます。

でも、「不愉快な人間関係に耐える」耐性というのは、ぼくに言わせれば、むしろ有害であり、命を縮める方向にしか作用しません。

対人関係で神経を逆撫でするような人間に対して、なぜそこから逃げ出さずに、妙に踏ん張ったりするのか。その理由を考えてみましょう。

繰り返し言うように、人間が使える心身の資源は「有限」です。限度を超えて使用すると、必ずシステム全体に影響が出て、一番弱いところから切れてきます。



◆3、仕事で疲れた人へ
この「へらへらと質の高い仕事をする」ためのノウハウを知っているか知らないかという違いが、同じような社会的プレッシャーを受けながら耐えられる人とつぶれる人の違いを生み出しているのではないかと僕は思います。

気づいていない人が多いのですが、ビジネスの愉しさは、お金が儲かることではなく、何か新しいことをすると、その結果がすぐに出る、その「反応の速さ」にあります。これは、「マーケットは間違えない」という前提の下、全員が一つのルールに対して同意し参加しているゲームです。

ほかの人間関係はこれほどには分かりやすくありません。

仕事の目的は結果として価値あるものをつくりだすことではないのです。それなら、どんな手段を使ってもよいということになります。仕事の目的がお金を儲けることなら、効率的でありさえすれば何でもいいはずです。でも、実際にはそうではありません。

人間が仕事に求めているのは、突き詰めて言えば「コミュニケーション」です。ただ、それだけです。




【感想】

◆外資系マチズモの対極にある、心身に耳を傾けるような自然体の空気がたまりません。

「働くことに疲れたら」と題した章が特に秀逸で、「仕事」について、これでもかというほどに「”たかが仕事”だろ?」とぶつけてくるような印象です。ビジネスの愉しさ、仕事の究極の目的。マジメすぎて自分の首を絞めてしまっている人にはよく響くのでは。





キンドル版





スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

『上司は思いつきでものを言う』橋本治

【概要】
作家である著者が、出版社への「零細出入り業者」としての立場で各社の若手編集員から聞き集めた組織・上司の生態を語ったもの。

会社勤め経験がないことを感じさせないほど、真に迫る内容です。

アマゾンより
この本はサラリーマン社会の閉塞を嘆じるものではありません。「上司は思いつきでものを言う」ということが、なぜ起こってきたのかを、儒教の伝来まで遡り、とてもスリリングに解剖していく本です。日本の男たちが、なぜ戦国時代と幕末維新の時代ものが好きなのか。こんな「なぜ」も見えてきます。そして、では日本はどうするのか―「現場」の声を聞く能力の復活に向けて、上司のみなさんにも、上司でないみなさんにも、懇切丁寧な今後の道中案内の書であります。




office / Zanpei



【ポイント】

◆1、上司という生き物

上司は、現場から離れた「上司のピラミッド」の中にいるのです。だったら、こう考えてもいいはずです―。つまり、現場から離れて「上司のピラミッド」の一員になっている上司は、現場の声を「ない」と考えていい、現場を持たない官僚と同じなのだと。

上司というものは、精々「部下を指導する者」です。それでいいのです。「命令」と「指導」とはどう違うのかを考えれば分かります。「指導するだけですむ部下」は、「有能な部下」です。「命令しなければならない部下」は、「無能な部下」です。もっと有能な部下は、「指導」さえも必要とはしないでしょう。そんな有能な部下がいれば、「助かる、ああ楽だ」と思うのが普通でしょう。ところが、「上司というものは部下に命令する者だ」と思い込んでいると、その楽が楽になりません。「あいつに対して、オレはどう対処すればいいんだ?」なんてことを考える破目におちいるのです。それが、「上司としての優位性にこだわる」です



◆2、上司あしらい

あなたの目の前には、「思いつきでものを言うだけの上司」がいます。これには、どう対処したらいいでしょう?

簡単です。あきれればいいのです。「ええーっ!?」と言えばいいのです。途中でイントネーションをぐちゃぐちゃにして、語尾をすっとんきょうに上げてください。

まず、あきれましょう。相手は必ず言い返してきます。でも、あなたは何を言われても、ただ聞き流します。聞き流していいのです。だって、あなたをあきれさせた相手は、あなたに何の補償もしてくれないのです。つまり、「オレはつまらない思いつきを言ってしまった」と相手に認めさせるのです。相手がそれを認めるまで、相手の言うことに耳を傾ける必要はありません。…相手がうろたえようがムカッ腹を立てようが、あなたは終始一貫聞き流して、そして、相手が自分の思いつき発言を認めて反省してくれそうな様子がなかったら、ただそうですか」と言って引き下がるだけです。



◆3、部下の心得

企画書というのは、「ある程度なら知っていて分かるかもしれないけれど、実は何も知らない可能性さえある上司に、分からせるもの」なのです。だから、「上司の頭が悪い」とか「古い」というのは、言い訳になりません。あなたは、上司に分かるように書かなければならないのです。

この本で、上司が思いつきでものを言って糾弾されるのは、必ず、部下であるあなたが建設的な提言をした時です。その時だけです。あなたがボサーッとしていて、そこに上司の「思いつき」かもしれないような命令の声が矢継ぎ早に飛んできたって、それはそれで仕方のないことです。文句を言う筋合いはありません。



【感想】
◆上司という存在は、故郷である現場を離れ、「上司のピラミッド」の中に位置する別の生き物だと捉えています。

このたとえが的確で、部下との視点の相違、前提となる常識の違いがあることがわかりやすく示されます。

◆著者がどこまで本気で書いているのかはわかりませんが、部下としての立場では、「あきれてみせる」という戦略が有効だと皮肉の利いたアドバスも。実際、こんな風にちょっと冷めた人のほうが淡々と仕事をこなしている印象もあるので悪くはない作戦なのかも・・・。

とにかく、困った上司(オッサン)でも、「オッサンにも(部下である私には言えない)オッサンなりの立場があるのだ」と思うだけでも精神衛生上良いと思われます。










このエントリーをはてなブックマークに追加

『できる社員は「やり過ごす」』高橋伸夫

【概要】
経営学者が日本の会社組織を語ったもの。
原著は96年刊行で、02年に文庫化されています。

「尻ぬぐい」「泥かぶり」の多忙感に沈む係長ポストの存在意義に鋭く迫っています。

まえがきより
日本の大企業は、大偉業になったから、この本に書いてあるような現象が観察されるようになったのではなく、この本に書いてあるような現象が発生するようなシステムをもっていたからこそ、大企業に成長してこられたのである。



Manager for a Day / Federation of Transport Trade Unions in Bulgaria



◆1、デキる人の「やり過ごし」

とにかくこのようなオーバーロード状況では、上司の指示命令のすべてに応えることは不可能である。それでは部下はどうしているのか。

ここで登場するのが「やり過ごし」である。部下は上司の指示・命令を上手にやり過ごすことで、時間と労力を節約し、日常の業務をこなしている。つまり、やり過ごすことによって、少なくともルーチンの必要な業務は滞ることなくすすめられるわけだ。それができない部下は「いわれたことをやるだけで、自分の仕事を管理する能力がない」「上からの指示に優先順位を付けられない」というマイナス評価をされることになる。

B社では、つぎのような評価基準を明かしてくれた。

・A評価…やり過ごしもふくめて上司の指示・命令をみずからの判断で優先順位をつけて遂行し、必要に応じて指示されないことまで自主的におこなって、常に時機に応じた解決策を提示する部下。

・B評価…上司からいわれた順番に仕事に着手し、上司が指示した範囲で確実に仕事を遂行するが、上司の指示が多すぎたような場合には、時機をのがすこともある部下。

・C評価…やり過ごしもふくめてまちがった優先順位で勝手におこない、その結果やらなくてもいいことを先にやり、やるべきことをあとまわしにして時機をのがす部下。

・D評価…自分で優先順位をつける能力もなく、かといって、上司から指示されたことも遂行できない部下。

ようするに、部下のやりすごしをわざと誘発させているのである。そんなとき部下は、自分で仕事に優先順位をつけ、優先順位の低い仕事をやり過ごしながら、自分で仕事を管理することを期待されている。やり過ごしの発生する状況をわざとあたえ、部下に実際にやり過ごしをさせることで、個々の仕事に対する優先順位の付け方や、やり過ごしの判断の仕方をチェックして部下の力量を推し量っているのだ。いずれ管理者になれば、自分の責任で仕事に優先順位をつけ、自分の責任でやり過ごさなければならない。



◆2、係長という仕事

実際のところ、「係長の仕事」は、その量だけを考えても、ほとんど体力まかせの感がある。その質をとっても、まさに尻ぬぐい、泥かぶりのたぐいの仕事である。当の係長自身が、そのうち異動があるからという「見通し」にすがって、その日その日をしのいでいるような節がある。

管理職候補の大卒ホワイトカラーは、人数が増えようとも、とにかくOJTで育てて(ほかに方法がない)、賃金分は働いてもらえるようにしなければならない。しかし、全員が管理職になれるほどポストはないし、その能力もないだろうから、管理職になる段階で選別しなくてはならない。そう、係長クラスこそが、この選別をうける職位にあたるというわけだ。これが、係長クラスが尻拭い的仕事に忙殺される構造的な要因なのである。


◆3、会社という組織

勤続20年近い人が話し合っているのを横で聞いていても、20年もその会社にいて「この人のためなら…」という直属上司にひとりでもめぐりあっている人は、幸せというほかない。逆に言うと、そんなしあわせな人でさえ、残りの数人もしくは10人近い直属上司には、そんな感情を抱かなかったということである。

実際には、未来傾斜性の低い人が、見通しの非常に高い組織に所属してしまって、苦しんでいるケースもあるだろう。「『泥をかぶる』係長」のところでとりあげたような、直接作業員から管理業務に回されて、耐えられずに辞めていく人のケースなどは、おそらくそうした一例だと思われる。

このようになんの根拠もない、おそらく非合理的で無茶な戦略でも、しかるべき人がしかるべきときに宣言すれば、そしてある程度の長期にわたって変更撤回されなければ、戦略は人々の迷いを取り払い、元気付け、積極的に方向づける。まさに「見通し」が立つのだ。

 そのとき、戦略が最適であるかどうかはあまり重要な問題ではないし、多くの場合、戦略の最適性と勝敗は別の問題なのである。戦略は持っていること自体に、経営的観点からはある種の意義が存在する。…つまり、戦略を持っているということは、行き当たりばったりではないということなのである。戦略が優先順位のシステムとして機能するおかげで、メンバーの「見通し」も立ち、組織内行動の混乱を排除できる。




【感想】

◆前半では、いい古された「勤勉なバカほどハタ迷惑なものはない」「無能な働き者は殺してしまえ」のことわざのとおり、組織メカニズムに即したデキる人物像が示されています。

「B社の評価基準」が実に的確。

一般に言われる「自主性」「指示まち」などのモヤモヤした用語の中身が、具体的な行動として整理されています。


◆また、完璧主義者・マジメな奴ほどメンタル疾患になりやすい、根性論で仕事をこなして来た人がマネジャーになった途端に部下を使い潰すようになる、といった経験則の裏付けにもなりそうです。

未来傾斜性の低いタイプの人は、管理業務にアップアップで…というもの。本人も回りも不幸になっている風景が想い起こされます。

◆後半の会社論・組織論部分での「戦略は存在することに意味がある」というのは意外感がありながらも納得できる指摘です。

本書では会社の例に即して、戦略が組織の優先順位ルールとなり混乱を回避させる、と説明されていますが、自己啓発系ビジネス書で指摘されるところの「目標を書き出せ」理論もこれと同じ構造かと。

迷うプロセスを最小化できるという点が大きなメリットになるようです。

会社勤めに疲れた人、割り切れないモヤモヤを抱えている方にオススメです。




キンドル版もあります。



このエントリーをはてなブックマークに追加

『なぜ、それを好きになるのか? 脳をその気にさせる錯覚の心理学』竹内龍人

【概要】
京大出身で日本女子大の心理学教授を務める著者による心理学・脳科学ガイド。

最新の研究成果を援用して「なんとなく好きになる」仕組みに迫ります。


まえがきから
本書では、実験心理学という学問の導きを得て、この「少し愛する」「なんとなく好きになる」秘密に迫ります。しかし、それはやさしい作業ではありません。なぜなら、好きになることは、そのほとんどが私たちの意識が及ばばい領域、つまり無意識のプロセス起こってしまうからです。



Osprey - Shrimp Party at Waterfront Home / roger4336



【ポイント】

◆1、脳の処理の仕組み
人間は、自分の脳が処理しやすいものを好む。

繰り返し見ていれば、それだけでなんとなく好きになる。

私たちは平均顔のみならず、平均時計や平均イヌ、平均トリにまで魅力を感じるようなのです。…私たちは「平均○○」をもれなく好むと考えるほうが妥当です。平均的なものは脳が処理しやすいから―という「処理の流暢性誤帰属」仮説がここで成り立つのです。



◆2、作り笑顔も本物に

ですから、目に注目しているとニセの笑顔は見破ることができます。しかし、特に口を大きく開けて笑う人、つまり大きな笑顔を見せる人の顔を見ると、どうしても、そのよく動いている口のほうに注意がいってしまいます。そうなると、作り笑顔を見極めることは困難です。

著者が米国の大学院入学のためのコミュ力テスト突破のために編み出した方法
1、作り笑顔を見破るのは困難なので、ふつうの笑顔だと捉えられた。
2、作り笑顔をしていると、自分の気分がポジティブになり、それは本物の笑顔になる。
3、自分の笑顔とポジティブマインドは相手に伝染し、相手は自分を好ましく思うようになる。



◆3、心理学的に正しい夫婦問題へのアプローチ

夫婦が抱えている7割近くの問題は解決が不可能であり、それはコミュニケーションを増やしても改善へは向かわない、というのがゴッドマンの分析です。解決が不可能な場合は妥協しなければなりません。妥協する場合は、友情に基づいて、相手のことを考えつつ落としどころを探って行くしかない、というのです。

なんとなく好きにさせるポイント
1.「欲しい」と「好き」とは脳内では別のこと。
2.「欲しい」から「好き」へ移行させれば関係が長続きする。
3.夫婦関係改善には、コミュニケーションを増やしてもダメ。友情に基づく「なんとなく好き」と思う気持ちが重要。



【感想】
新書ということもあり、ややこしいことは省いて理路整然と語られています。

3でとりあげた夫婦問題とコミュニケーションの話なんかは実用性も高そう。ただただ「コミュニケーションを増やせ」なんてのは結局のところ根性論で消耗するばかりなのだと思います。

最近の研究成果ということでは、「人間は、自分の脳が処理しやすいものを好む」という点が推されています。この原則があるから「単純接触効果」も成り立つし、勉強の習慣化、平均顔への好みも説明されるとのことです。

強引な感じもしますが、普段の生活で使う分には充分な内容です。



このエントリーをはてなブックマークに追加

『教養としてのプログラミング講座』清水亮

【概要】

6歳でコンピュータに目覚め、立ち上げ期のドワンゴ社でゲーム開発者として活躍した著者がプログラミングを平易に語ったもの。

前半ではプログラミング的なものの見方、後半では自ら開発した「6歳の子供でも扱える」簡易プログラミング言語ムーンブロックの解説となっています。


◆Amazonより
もの言わぬ機械とコミュニケーションする手段「プログラミング」。
コンピュータが隆盛を極めた今、もはやそれは身につけるべき教養だ。
この本は、一冊で優れたプログラマーの思考を習得することを目指す。
ジョブズやゲイツ、現代の成功者はどんな世界を見ているのか?




Programmer's Code / MLibrary




◆1 あれもプログラミング

著者の世界観が光ります。

プログラミングとは、一言でいえば「自分以外のものを、思い通りに動かす方法」のこと。適切にプログラミングしたものは、たとえば作者が消滅したとしても、作者の意図を反映し、プログラミングしたとおりに動くことになります。これが企画であれば、企画者の意図通りにユーザーの気持ちを動かそうとするのも「プログラミング」であり、組織であれば、組織全体をリーダーの意図通りに動かそうとするのも「プログラミング」であるといえます。


かつてこういう技能は「経営能力」だとか「仕組みを作る力」だとか、色々な名前をつけて呼ばれていました。しかし、私にとって明確にこれはプログラミング能力、つまり、自分のいないところで、「自分以外のものを思い通りに動かす方法」として身に付いているものなのです。



◆2 コミュニケーションの原型

プログラミングの視点から、コミュニケーションを問い直します。

そして、プログラミングした対象が期待通りの動きをしなければ、それは全て命令を下したプログラマーの責任。あなたがもしプロのプログラマーだったなら、誰かにお使いを頼み、意図したものと違ったものを買ってこられても、そこは黙って「指示を漏らした自分にこそ責任がある」と、自戒しなければなりませんよ。


プログラマーの間で流通している格言に「プログラムは思ったとおりに動かない」というものがあります。ただしこの格言はこれだけで終わらず、後ろにはこう続きます。「書いた通りに動くのだ」




【感想】

趣味がプログラミング、なんて聞くといかにもオタクでコミュ障で、みたいな印象ですが、著者の世界観を通じてみればそんなことはなさそうです。

あれもこれもプログラミングで、むしろ世渡りに必須の能力であるようにさえ思えてきます。

全ては伝える側の責任という指摘。

「察すること」を拒むコンピュータプログラミングは、コミュニケーションの原点を示しているようにも思えます。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。