このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

『1年で10億つくる!不動産投資の破壊的成功法』 金森重樹

【概要】
東大卒→借金大王→不動産で資産形成という異色のキャリアを辿った著者が不動産投資の考え方を述べたものです。
05年刊行。

理念的なものにとどまらず、自らの体験談やキャッシュフローの数字を使って具体的に投資の方法を語っています。

アマゾンから
インターネットマーケティングで1億稼ぎ、読者10万人のメルマガ「回天の力学」で著名な金森氏が、その鬼才を現物不動産投資に発揮。「利回りに目を奪われるな」「住宅ローンこそハイリスク」など、常識の逆を行く思想と手法で、専門的すぎる不動産投資本や個人的体験のみに依拠した「サラリーマン大家さん」本とは一線を画す快著に!



Apartments in Lima, Peru / Imperial94


【ポイント】
◆1 貧者の投資術

資産三分法などの分散投資は、すでにお金を持っている人がお金を「減らさないため」に行うもので、これから資産を築こうという人がとるべき戦略ではないとの指摘です。

「持てる者」は、資産を増やすというよりも減らさないことを重視して資産運用をしますので、安定性を求めます。

「持たざる者」が「持てる者」と同じ戦略をとっていては、その資産格差は拡大する一方です。なぜなら、「持てる者」には、より良質な投資機会が提供されるのが世の常だからです。世の中の儲かる情報は、すべからく持てる者に集中するようにできています。

勝機に果敢に賭けて、「一点突破全面展開」することこそが資産を急拡大する肝なんじゃないかと僕は思っております。



◆2 不動産投資の哲学

著者は区分所有を「丁半博打」とバッサリ切り捨てます。その背景には著者独自の投資哲学が。「不動産投資と住宅ローンを履き違えている」姿に鋭い目を向けます。

区分所有は、満室になれば入居率100%で、空室になれば入居率0%というものですよね。ですから、いったん空室になれば、元利金の返済、その他の費用は、自分の働いた給料から持ち出しになります。空室でも管理費は取られます。中間の入居率50%などはあり得ないわけですから、0か100かの丁半博打です。


自分の収入を当てにしなければならない投資など投資でもなんでもないです。最悪でも自分が働けばなどと考える方は、根本的に不動産投資と住宅ローンを履き違えていると言わざるを得ません。

不動産投資をやると覚悟を決めたからには、最初から自分の収入など一切当てにしないことです。自分の収入からの穴埋めなど考えていると最初の1棟はなんとかなったとしても、これが5棟、10棟と増えてくると、自分の収入ではとうてい追いつかない水準まできます。

 


◆3 物件選び

自分の住んでいるところに縛られず、投資案件として冷静な判断をするよう指南します。

あなたが住んでいるエリアと、投資に適しているエリアの間には何の関連性もありません。自分の住んでいるエリアで本書の内容を実行しようとするのではなく、最適な投資エリア(後ほどご説明する将来推計人口によって人口が増加するエリア)を中心とした投資を心がけることが慣用です。

もう一度いいます。

間違っても、自分が住んでいるエリアを中心として不動産投資を考えないことです。自分が住んでいるエリアは、将来的に大幅に人口が減少するエリア、空室率が増加するエリアかもしれないのです。投資に最適なエリアでの投資をする必要があります。



【感想】
菅谷義博『仕事は1日30分!お金と時間を増やすドラクエ流成功法』(過去記事)で紹介されてた不動産実践本のひとつです。

類書に比べて具体的で、著者の考えもあって区分所有の否定、自家用住宅ローンとの違いの強調が際立ちます。

一方で、物件選びに際してはまず大前提としてその都市の推計人口を見ることも語っており、実体験に裏打ちされた手堅い手法とも見えます。

熱いハートと冷静な投資マインドが同居してる印象です。

箴言じみた発言も。
チャンスがなかったなんて言うなよ、度胸がなかったんだろお前?

チャンスはリスクの仮面を被ってやってきます。チャンスの仮面を被ってやってくるのは詐欺です。






こちらは著者の半生記になっています。
東大卒ながら詐欺にカモられて借金地獄へ。その後、カモられた原因はマネーリテラシーのなさにある!と気づいた著者は一念発起し…
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

千葉智之『出逢いの大学』

普通のサラリーマンを対象に等身大の人脈作りを語ったもの。

出身地の大学卒後に地元就職をした著者は思いがけぬ転勤で知り合い一人いない東京へ。その後わずか3年で3000人のコミュニティを作り上げたそうです。


Renaissance Home Health Party 2010 100 / CgeGo1



◆1 なぜ人脈が必要なのか

人に安心をもたらすものは資格よりも人間関係だ、ということで、そのための下地作りについてあれこれ語られます。

サラリーマンが将来の不安を完全に払拭するためには、2つの能力が必要不可欠。それは専門分野での仕事をする能力である「ワークスキル」と、人とのよりよい関係を作っていく能力、「コミュニケーションスキル」。そして、コミュニケーションの集大成が、よりよい人脈。


とにかく、人に会う機会を作れ!
普通に暮らしていたのでは「初対面」の機会は少ない。これには、れっきとした理由があります。それは、「人間関係は閉じていたほうが気持ちいい」ということです。…でも、これに安住しているだけではいつまでたっても人脈は広がりません。…とにかく人と会わなければなにもはじまらないのです。



◆2 よりよいよい人脈のために

人脈についてもビジネスの基本が適用できます。仕組み化。
逆ミラーの法則
イケてない人を映そうと思えば、イケてない人とつきあえばいい。イケてる人を映そうと思えば、ちょっと無理してでもイケてる人と交流すればいい。「私の持ってない能力や価値観をもった人たちに囲まれて幸せだ。将来について考えるいいお手本になるな」という気持ちになるような状態をめざしましょう。


人と出逢うしくみを作れ!
・定期的に
・かならず
・否が応でも
人と出会うようにする



◆3 その他
その他、著者の普段の心がけが紹介されています。こちらはすぐにマネできて応用範囲も広いように感じます。
気分をプラスにもってくテクニック
実は人間っていうのは、最初は何か嫌なことがあって嫌な気分になりますが、途中からその原因は忘れてしまって、嫌な気分だけが残ってしまう生き物なんです。で、嫌な気分だからよけい嫌な気分になってしまうという悪循環に陥ってしまうのです。
(直し方)
1、なぜ嫌な気分なっているのか考える
2、最大限にひどい例と比べる


初めてのお誘いは100倍の価値がある
そこを勇気を出して誘っているワケなので、「ありがとう!行きます!」って速攻で返事をしてもらったりしちゃうと、誘ったほうとしてはものすごく嬉しいのです。
…なので、とくに「初めてのお誘い」は仕事をなげうってでも行くべきです。



◆感想
内向的な人だと人に会うたび、また飲み会のたびに消耗していくこともあると思いますが、量稽古や仕組み化である程度まではレベルを上げられそうです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

安能務『三国演義』第1巻

マンガ『封神演義』の原作者として知られる著者は、香港大学卒のバリバリの古典派です。
他の著作で春秋戦国時代から中華民国まで中国史を総なめにしておられますが、一貫するのが反儒教の姿勢。


DSC_9289 / alexxis


いわく「知的な遊戯空間」と語る三国志の世界で歴史と文学のあいまいさをそのままに語り直しております。

他の小説、随筆にも共通する、伝統中国の役人像がこちら。
一時は天下人となった董卓が失脚する場面。著者はその背景に士大夫たちの一般意志を見ています。

誰が皇帝であっても、朝廷の最高権力者が誰であろうと、それは朝臣たちにとって、有り体に言えば、どうでもよいことである。どれほど横暴であっても、あるいは専断をきわめようと、士大夫たちには、それに対応する伝統的な知恵があった。それゆえ困っても窮することはなかったからまだ赦せる。しかし、自分だけがいい思いをして、稼ぎ場や金儲けの機会を与えてくれない権力者は決して赦せなかった。

…しかも伝統的に、最初からわずかな俸禄を頂戴して、それでつつましく生きようと決意して仕官した者は、おそらく一人もおらず、したがって儲かる場面と機会を与えてくれない権力者は、彼らの存在を無視して生存を脅かす不倶戴天の敵であった。その敵を、いつまでも生かしておくわけにはいかない。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。