このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

『1年で10億つくる!不動産投資の破壊的成功法』 金森重樹

【概要】
東大卒→借金大王→不動産で資産形成という異色のキャリアを辿った著者が不動産投資の考え方を述べたものです。
05年刊行。

理念的なものにとどまらず、自らの体験談やキャッシュフローの数字を使って具体的に投資の方法を語っています。

アマゾンから
インターネットマーケティングで1億稼ぎ、読者10万人のメルマガ「回天の力学」で著名な金森氏が、その鬼才を現物不動産投資に発揮。「利回りに目を奪われるな」「住宅ローンこそハイリスク」など、常識の逆を行く思想と手法で、専門的すぎる不動産投資本や個人的体験のみに依拠した「サラリーマン大家さん」本とは一線を画す快著に!



Apartments in Lima, Peru / Imperial94


【ポイント】
◆1 貧者の投資術

資産三分法などの分散投資は、すでにお金を持っている人がお金を「減らさないため」に行うもので、これから資産を築こうという人がとるべき戦略ではないとの指摘です。

「持てる者」は、資産を増やすというよりも減らさないことを重視して資産運用をしますので、安定性を求めます。

「持たざる者」が「持てる者」と同じ戦略をとっていては、その資産格差は拡大する一方です。なぜなら、「持てる者」には、より良質な投資機会が提供されるのが世の常だからです。世の中の儲かる情報は、すべからく持てる者に集中するようにできています。

勝機に果敢に賭けて、「一点突破全面展開」することこそが資産を急拡大する肝なんじゃないかと僕は思っております。



◆2 不動産投資の哲学

著者は区分所有を「丁半博打」とバッサリ切り捨てます。その背景には著者独自の投資哲学が。「不動産投資と住宅ローンを履き違えている」姿に鋭い目を向けます。

区分所有は、満室になれば入居率100%で、空室になれば入居率0%というものですよね。ですから、いったん空室になれば、元利金の返済、その他の費用は、自分の働いた給料から持ち出しになります。空室でも管理費は取られます。中間の入居率50%などはあり得ないわけですから、0か100かの丁半博打です。


自分の収入を当てにしなければならない投資など投資でもなんでもないです。最悪でも自分が働けばなどと考える方は、根本的に不動産投資と住宅ローンを履き違えていると言わざるを得ません。

不動産投資をやると覚悟を決めたからには、最初から自分の収入など一切当てにしないことです。自分の収入からの穴埋めなど考えていると最初の1棟はなんとかなったとしても、これが5棟、10棟と増えてくると、自分の収入ではとうてい追いつかない水準まできます。

 


◆3 物件選び

自分の住んでいるところに縛られず、投資案件として冷静な判断をするよう指南します。

あなたが住んでいるエリアと、投資に適しているエリアの間には何の関連性もありません。自分の住んでいるエリアで本書の内容を実行しようとするのではなく、最適な投資エリア(後ほどご説明する将来推計人口によって人口が増加するエリア)を中心とした投資を心がけることが慣用です。

もう一度いいます。

間違っても、自分が住んでいるエリアを中心として不動産投資を考えないことです。自分が住んでいるエリアは、将来的に大幅に人口が減少するエリア、空室率が増加するエリアかもしれないのです。投資に最適なエリアでの投資をする必要があります。



【感想】
菅谷義博『仕事は1日30分!お金と時間を増やすドラクエ流成功法』(過去記事)で紹介されてた不動産実践本のひとつです。

類書に比べて具体的で、著者の考えもあって区分所有の否定、自家用住宅ローンとの違いの強調が際立ちます。

一方で、物件選びに際してはまず大前提としてその都市の推計人口を見ることも語っており、実体験に裏打ちされた手堅い手法とも見えます。

熱いハートと冷静な投資マインドが同居してる印象です。

箴言じみた発言も。
チャンスがなかったなんて言うなよ、度胸がなかったんだろお前?

チャンスはリスクの仮面を被ってやってきます。チャンスの仮面を被ってやってくるのは詐欺です。






こちらは著者の半生記になっています。
東大卒ながら詐欺にカモられて借金地獄へ。その後、カモられた原因はマネーリテラシーのなさにある!と気づいた著者は一念発起し…
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。