このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

『もっと面白い本』成毛眞

【概要】
おなじみHONZの成毛代表による書評集。
前作『面白い本』は「給料がみるみる本に変わる」など被害者多数だったそうですが、本書も負けず劣らず。人体、宇宙、歴史、アート、科学、と幅広いジャンルをカバー。全集含め70点151冊が紹介されています。

アマゾンより。
「本がどんどん増えて困る」「給料がみるみる本に変わる」。大反響(悲鳴?)を呼んだ前作『面白い本』。火のついた読書欲に“もっと"が止まらない。「もっと面白い本はないのか」「もっと面白い本が読みたい」。人間、宇宙、歴史、芸術、科学。まだまだあります、面白い本。熱い要望にこたえて贈る、家計圧迫必至の第2弾。



20091204_Hermitage_library_002 / Friar's Balsam


【ポイント】
■書物への愛がひしひしと伝わってきます。

重厚なテーマ設定ではあるが、本書で紹介する本は、学術書や専門書ではない。あくまでも読んで「面白い」本である。素晴らしい音楽やアートに触れずに暮らしていけないように、人は面白い本を読まずに死ぬわけにはいかない。本書でもそういう面白い本を紹介することに務めたつもりだ。



『鳥類学者 無謀にも恐竜を語る』の紹介
全ページ、著者はこの調子で駆け抜ける。本書を読むにあたっては、いささかのスキも見せられない。本文も脚注も、あわせて100点近くあるかわいいイラストも、すべて油断ならない。何が飛び出してくるかわからないのだ。しっかりした科学読み物なのに、1ページに1回は爆笑することができる。電車の中で読んではならない科学書とは前代未聞だ。


『新版 オペラと歌舞伎』の紹介
しばしば話が逸れて脱線するのもご愛嬌。いや、じつはその脱線のほうが面白かったりするのだ。「良くできた本は全文を引用したくなる」と前にも言ったが、本書もまさしくそういう一冊である。


『読んでいない本について堂々と語る方法』の紹介
付け加えさせてもらえば、本をたくさん買っていると、自分の中に「知の座標軸」のようなものが出来上がってくる。その「知の座標軸」さえ獲得できれば、個々の本の「知の座標点」は目次を見るだけでもわかってしまう。ゆえに、読んでいない本についても堂々と語ることができるというのである。



【感想】
オールジャンルでそれぞれ熱いコメント付きなのですが、特に自分の関心と一致したときには強く訴えかけるものがあります。全く知らなかった分野への関心を掻き立てる文章は著者一流のもの!




その他、こんなところに興味を惹かれました。

比較級を持たない、言語学の基礎理論を覆す存在
『ピダハン―「言語本能」を超える文化と世界観』




人間原理 観測者としての人類が作る宇宙
『宇宙はなぜこのような宇宙なのか――人間原理と宇宙論』
『宇宙は無数にあるのか』





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。