このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

『あなたがあたえる』ボブ・バーグ、ジョン・デイビッド・マン


【概要】
ストーリー仕立ての自己啓発物語。

イケイケ若手営業マンのジョーは、ふとしたことから大富豪ピンダーと出会い、ピンダーの紹介で月曜日から金曜日までの五日間で成功者たちとランチをともにすることに。ピンダーの仲間である成功者たちの成功の秘密を学び、それに関連したピンダーの課題をこなしていくジョー。さまざまな困難に見舞われ課題の実行も危ぶまれるジョーであったが…。

というザ・自己啓発なお話です。


Presents / Dplanet::


【ポイント】

■1、大富豪の心構え
「そうではない。人生の中で、手に入らないものはたくさんある。しかし…手に入るものもある。――君が望んだものは、手に入るのさ」



■2、私の時間を無駄にするものは…
ジョーはゆっくりうなずいた。
「だいたいわかりました。ぼくに時間を無駄にされたくない、というわけですね。当然のことだと思います」
ピンダーは微笑んだ。
「ジョー、失礼だが、君にその力はない」
ジョーは面食らった。
「つまり、私の時間を無駄にする力だよ。それができるのは、この私だけだ。しかも私は、時間の無駄遣いをとっくの昔にやめている。私が条件をつけたのは、君に時間を無駄にさせたくないからなのさ」



■3、世界をどう見るか
残念ながら、世の中では、一生"生活する"こと以外に目がいかない人が大半だ。そのつぎに多いのが"たくわえる"ことに熱中する人たちをだが正真正銘の成功-つまり、経済面に限らない、人生のあらゆる面での成功-を収める一握りの人たちは、奉仕することにだけ専念する。



■4、ピンダーの教え
第一の法則 人の本当の価値は、相手から受け取る以上に、自分がどれだけあたえられるかによって決まる。
第三の法則 人の実力は、他の人の利益をどれだけ優先させたかによって決まる。
第五の法則 効果的にあたえるためには、受け取ることに対し、常に心を開いていなければならない。


原題は「The Go-Giver」ということで、「いかに与えるか」という視点での構成になっています。


【感想】
とにかく「与えること」にフォーカスしており、自己啓発アレルギーがあると面食らってしまいます。
とはいえ、上記の「法則5」にあるように「与えるために、受け取ることを拒絶しない」という視点もあり、バランスはとれているかと思われます。

全体的には「成功者の語るきれいごと」という感じですが、ピンダーの口を通して語られる世界の見方は一読の価値ありです。





【参考】
神田昌典『非常識な成功法則』



自己啓発の古典ですが、「人格を磨くのは成功した後だ」という主張もあります。
こちらは偽悪的で、むしろ爽やかさ、いっそ潔い雰囲気です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。