このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

千葉智之『出逢いの大学』

普通のサラリーマンを対象に等身大の人脈作りを語ったもの。

出身地の大学卒後に地元就職をした著者は思いがけぬ転勤で知り合い一人いない東京へ。その後わずか3年で3000人のコミュニティを作り上げたそうです。


Renaissance Home Health Party 2010 100 / CgeGo1



◆1 なぜ人脈が必要なのか

人に安心をもたらすものは資格よりも人間関係だ、ということで、そのための下地作りについてあれこれ語られます。

サラリーマンが将来の不安を完全に払拭するためには、2つの能力が必要不可欠。それは専門分野での仕事をする能力である「ワークスキル」と、人とのよりよい関係を作っていく能力、「コミュニケーションスキル」。そして、コミュニケーションの集大成が、よりよい人脈。


とにかく、人に会う機会を作れ!
普通に暮らしていたのでは「初対面」の機会は少ない。これには、れっきとした理由があります。それは、「人間関係は閉じていたほうが気持ちいい」ということです。…でも、これに安住しているだけではいつまでたっても人脈は広がりません。…とにかく人と会わなければなにもはじまらないのです。



◆2 よりよいよい人脈のために

人脈についてもビジネスの基本が適用できます。仕組み化。
逆ミラーの法則
イケてない人を映そうと思えば、イケてない人とつきあえばいい。イケてる人を映そうと思えば、ちょっと無理してでもイケてる人と交流すればいい。「私の持ってない能力や価値観をもった人たちに囲まれて幸せだ。将来について考えるいいお手本になるな」という気持ちになるような状態をめざしましょう。


人と出逢うしくみを作れ!
・定期的に
・かならず
・否が応でも
人と出会うようにする



◆3 その他
その他、著者の普段の心がけが紹介されています。こちらはすぐにマネできて応用範囲も広いように感じます。
気分をプラスにもってくテクニック
実は人間っていうのは、最初は何か嫌なことがあって嫌な気分になりますが、途中からその原因は忘れてしまって、嫌な気分だけが残ってしまう生き物なんです。で、嫌な気分だからよけい嫌な気分になってしまうという悪循環に陥ってしまうのです。
(直し方)
1、なぜ嫌な気分なっているのか考える
2、最大限にひどい例と比べる


初めてのお誘いは100倍の価値がある
そこを勇気を出して誘っているワケなので、「ありがとう!行きます!」って速攻で返事をしてもらったりしちゃうと、誘ったほうとしてはものすごく嬉しいのです。
…なので、とくに「初めてのお誘い」は仕事をなげうってでも行くべきです。



◆感想
内向的な人だと人に会うたび、また飲み会のたびに消耗していくこともあると思いますが、量稽古や仕組み化である程度まではレベルを上げられそうです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。