このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

『なぜ、それを好きになるのか? 脳をその気にさせる錯覚の心理学』竹内龍人

【概要】
京大出身で日本女子大の心理学教授を務める著者による心理学・脳科学ガイド。

最新の研究成果を援用して「なんとなく好きになる」仕組みに迫ります。


まえがきから
本書では、実験心理学という学問の導きを得て、この「少し愛する」「なんとなく好きになる」秘密に迫ります。しかし、それはやさしい作業ではありません。なぜなら、好きになることは、そのほとんどが私たちの意識が及ばばい領域、つまり無意識のプロセス起こってしまうからです。



Osprey - Shrimp Party at Waterfront Home / roger4336



【ポイント】

◆1、脳の処理の仕組み
人間は、自分の脳が処理しやすいものを好む。

繰り返し見ていれば、それだけでなんとなく好きになる。

私たちは平均顔のみならず、平均時計や平均イヌ、平均トリにまで魅力を感じるようなのです。…私たちは「平均○○」をもれなく好むと考えるほうが妥当です。平均的なものは脳が処理しやすいから―という「処理の流暢性誤帰属」仮説がここで成り立つのです。



◆2、作り笑顔も本物に

ですから、目に注目しているとニセの笑顔は見破ることができます。しかし、特に口を大きく開けて笑う人、つまり大きな笑顔を見せる人の顔を見ると、どうしても、そのよく動いている口のほうに注意がいってしまいます。そうなると、作り笑顔を見極めることは困難です。

著者が米国の大学院入学のためのコミュ力テスト突破のために編み出した方法
1、作り笑顔を見破るのは困難なので、ふつうの笑顔だと捉えられた。
2、作り笑顔をしていると、自分の気分がポジティブになり、それは本物の笑顔になる。
3、自分の笑顔とポジティブマインドは相手に伝染し、相手は自分を好ましく思うようになる。



◆3、心理学的に正しい夫婦問題へのアプローチ

夫婦が抱えている7割近くの問題は解決が不可能であり、それはコミュニケーションを増やしても改善へは向かわない、というのがゴッドマンの分析です。解決が不可能な場合は妥協しなければなりません。妥協する場合は、友情に基づいて、相手のことを考えつつ落としどころを探って行くしかない、というのです。

なんとなく好きにさせるポイント
1.「欲しい」と「好き」とは脳内では別のこと。
2.「欲しい」から「好き」へ移行させれば関係が長続きする。
3.夫婦関係改善には、コミュニケーションを増やしてもダメ。友情に基づく「なんとなく好き」と思う気持ちが重要。



【感想】
新書ということもあり、ややこしいことは省いて理路整然と語られています。

3でとりあげた夫婦問題とコミュニケーションの話なんかは実用性も高そう。ただただ「コミュニケーションを増やせ」なんてのは結局のところ根性論で消耗するばかりなのだと思います。

最近の研究成果ということでは、「人間は、自分の脳が処理しやすいものを好む」という点が推されています。この原則があるから「単純接触効果」も成り立つし、勉強の習慣化、平均顔への好みも説明されるとのことです。

強引な感じもしますが、普段の生活で使う分には充分な内容です。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。