このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

赤羽雄二『ゼロ秒思考』


Thinking RFID / @boetter


コンサル系の人がよく「“考える"と“悩む”は違う」と言っていますが、何がどうちがうのでしょうか。

本書ではマッキンゼー出身の著者が、自らのアタマの整理術を紹介し、「考えること」そのものについての考え方を示しています。
実際に試してみると、シンプルな仕掛けでの思考の筋トレといった雰囲気で、シンプルであるだけにスグに使え、どこでもできるものとなっています。

本書で紹介されるメモの技術は、「テーマごとにA4用紙1枚を使い、1分で4-6行のメモを書く」というもの。
いうなれば脳のデフラグ的な作業で、さまざまなテーマを用い、1日10枚を書き続けることで、頭の中のもやもやがすべて吐き出され、思考の堂々巡りがなくなるというものです。

この1分メモには何を書いてもいいんだろうけど、初心者のために膨大なサンプルが用意されています。

テーマの例
・なぜ課長はあんな嫌な言い方をしたのか?
・自分はどういう時、元気が出ないのか?
・どきどきしてもかまわず行動する方法はあるか?
・どういう時、頭がよく整理できるか?


技術面とセットで、メモによる「ゼロ秒思考」を支える著者の思想も語られています。
とにかくモヤモヤ吐き出して、書き出して、脳のメモリを解放するのがコツのようです。

1ページ1分で、思いついた瞬間に書く


メモに書かないと、同じことばかりああでもない、こうでもないと考え続けるので、悩みが減らないし、頭を無駄に使っている、時間を大変に浪費しているという証明でもある。


私の経験上、ほとんどの方が多かれ少なかれ悩みつつ、手探りで仕事をしている。もやもやを抱えつつ進めている。それを上司や先輩が助けてくれることはあまりない。ダメだしはするが、考えのプロセスを丁寧に教えてくれ、どうやったらもっとうまく考え、企画できるか教えてくれることはまずないだろう。当然、アウトプットの質が急激に上がるはずもない。これは会社だけでなく、自分にとっても大きな損失だ。



このエントリーをはてなブックマークに追加

『宴会を制する幹事は仕事も制す』篠原あかね

役員秘書として数々の宴会手配を手がけた著者が自らの経験を理論化したもの。
のち研修講師となった著者の経歴からはコミュニケーションの達人であることが伺える。
本書では経験から導かれた知識が言語化・体系化されているので適用範囲が広い。
"ハーバード流宴会術"をさらにテクニカルに噛み砕いた印象。


著者の視点はこんな感じ。

○幹事業務は伝承ではなく実学として体系化できる。

○宴会幹事の得手不得手は才能や個性ではない。

○あなたが一番大切にしているお店は、宴会に使わないことです。いくら自分が優秀な幹事であっても、参加者のその日の状況によってはお店に迷惑をかけることもあります。


その他、宴会に来ない社員へのアンケートなど興味深いデータも紹介されています。

○「行きたくない」理由
・会費が高い
・食べ物の好き嫌いが多いため、料理があまり食べられない。会費を払って損した気分。
・煙草の煙が服や髪についてイヤ
・管理職というだけで会費を余分に取られる




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。